So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年の初詣:前編 初詣の参拝マナーと御利益別神社の系統 [イベント]

めっきり寒くなってきました。今年も残すところ1月と半分。

ポッキーの日も終わったし、年内のイベントはクリスマスぐらいでしょうか?

あ、どうやら衆議院選挙がありそうですねぇ(苦笑)

それはさておき。クリスマスが終わったらあっという間にお正月

年の初めの初詣は欠かせませんね!

ということで、2015年の初詣と題し、

前編は「初詣の参拝マナーと御利益別神社の系統」について、

後編は「東京の初詣 お正月に参拝したいおススメ神社仏閣15選」ご紹介します♪

<スポンサーリンク>






生田神社.jpg


まずは、初詣に行く場所ですが、年の初めに詣でる神社としては、

住んでる場所の近くにある氏神様のところへ行くのが良いとされています。

この場合の氏神様は、一族を守る氏神様ではなく、住んでる地域の氏神様です。

住まいの地域の氏神様がわからない場合は、神社本庁に問い合わせてみてください。


なお、神社の系統によって御利益が違ってきます。

特にお願いしたいことがあれば、その系統の神社に行くのがベストですよね。

ただ、あくまでも神様を敬いご挨拶をする気持ちがあってこそのお願い事です。

謙虚な気持ちでお参りする姿勢を忘れないでおきましょう。

では、ざっくりと、系統に関してご紹介します。

・寺

 寺は神社とはまったく別物で、仏教の仏や如来、菩薩等を祀った場所です。

 初詣というと正式には「寺」ではなく「神社」に行くものという考え方が一般的ですが、

 実のところは、どちらでも構わないという説もあります。

 神様でも仏様でも、年の初めにご挨拶をするわけですから、

 お寺がダメということもないようです。


・神宮

 ひとことで言うと、「天皇家とゆかりのある神社」です。
 
 広大無辺なご利益をいただけるといいます。要するに何をお願いしても大丈夫です!

 だからと言って、下賤なお願いはやめた方がよいですね。

 代表的な神社:伊勢神宮、明治神宮、熱田神宮など


・天満宮、天神

 学問の神様「菅原道真公」を祀っています。学業祈願にベストですね。

 代表的な神社:湯島天満宮、亀戸天神社、北野天満宮など


・八幡宮

 お祀りしている八幡様は応神天皇といわれ、武運をつかさどる神として有名。

 そのため、代表的なご利益は、勝利祈願出世開運です。

 他の神様も合わせて祀られている場合もあるり、その他のご利益もあります。

 代表的な神社:富岡八幡宮、代々木八幡宮、鶴岡八幡宮など


・稲荷

 五穀を司る神様を祀った神社です。商売繁盛五穀豊穣などにご利益があります。

 代表的な神社:伏見稲荷大社、笠間稲荷神社、祐徳稲荷神社など


<参拝の作法>

初詣には毎年行くけど、なんとなくやり過ごしちゃって正しい参拝の作法がわからない。

なんて方は多いかと思います。大人のたしなみとしてマスターすれば、

一緒に行った相手から一目置かれることは間違いないでしょう。

…という考え方はヨコシマですね(笑)

神様に対するための作法として覚えておきましょう!

なお、神社とお寺では若干参拝方法が異なります。



<スポンサーリンク>





鶴岡八幡宮鳥居.jpg


<神社での参拝>

① 鳥居をくぐる前に衣服を整え軽く会釈してから境内をくぐります。

  ※鳥居から先は聖域です。

② 参道は中央を避け、左右どちらか寄って歩きましょう。

  ※中央は神様が通る道と言われています。

③ 手水舎(てみずや)で身を清めます。

  1.水を汲むのは1回。右手で柄杓を持って水を汲み、左手を洗う
   
  2.柄杓を左手に持ち替え右手を洗う
  
  3.再度柄杓を右手に持ち替え、手のひらに水を受けて口をすすぐ
    
    ※柄杓に直接口をつけるのは厳禁です

  4.もう一度左手に水をかける

  5.最後に両手で柄杓を立てて柄杓の柄に水を流す

  6.柄杓置き場に柄杓を伏せて戻す

④ 本殿についたら鈴を鳴らし、お賽銭は投げずにそっと入れます。

  二拝二拍手一拝で参拝します。

  ・2回頭を下げてお辞儀をする(二拝)

  ・胸の高さで手を合わせ、右の手のひらを左手に対して少しひき、柏手を2回打つ(二拍)

   ※このタイミングでお願い事をする

  ・お願い事が終わったら手をおろし、最後に1回お辞儀をする(一拝)

なお、神社によっては特殊な拝礼作法がある場合があります(出雲大社など)。

神社に案内看板が書かれていますので、参考にされるとよいでしょう。


手水舎.jpg


<お寺での参拝方法>

① お寺に入る際は、山門の前で一礼してから中に入る。
  
② 手水舎で身を清める(方法は神社と同じ)

③ ロウソクとお線香を上げる。
  
   ※防災のためないお寺もありますが、できる場合は献香します。なお、先の参拝者の

    灯明から火を受けるのは縁起が悪のでしてはいけません。

④ 本堂に入ったら軽く会釈をしてお賽銭を納め、鰐口または鈴を鳴らしてから礼拝する。

  ・胸の前で合掌して祈願します。

  ・終わったら再度一礼をします。

  ※お寺で柏手を打つことはタブーとされています。

   ただし、神仏習合の名残で、お寺であっても神社と同じ作法の場合もあります。

   案内看板などで確認すると安心です。


いかがでしたでしょうか?

ちなみに、神様にお願い事をするときは、住所と名前を告げた方が良いようです。

また、願い事をするよりも、今在ることへの感謝の気持ちと、

願いではなく「誓い」=「努力目標」を伝えた方が、

神様も少し手を貸してくれる可能性が高いかもしれませんね♪



初詣の関連記事もご覧ください

 2015年の初詣:後編 東京の初詣 お正月に参拝したいおススメス神社仏閣15選




<スポンサーリンク>












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。